駆除業者の選び方について

シロアリ被害

シロアリが発生したときやシロアリを予防したいとおもったのであれば専門の業者に依頼するのが最も確実です。結論から言えば自分で防除や駆除などをおこなうこともできますが、素人の防除や駆除では不十分なことも多く、駆除や防除をしたつもりが別の場所にシロアリが潜んでいて建物の被害を受けたということも十分あり得ます。といってもシロアリ駆除業者はたくさん存在するので選ぶのも一苦労です。1つ知っておいたほうが良いこととして、シロアリ駆除や防除には明確な相場は存在していません。同じ面積での作業でも業者によって料金が異なります。なぜかというと業者によって駆除や防除する方法や使用する薬品が異なりますし、同じ面積の建物だったとしても被害の度合いによってその都度料金は異なります。そのあめ明確な相場を決めることができないのです。では納得いく料金で駆除や防除を依頼するにはどうすればよいかというと、複数の業者から見積もりを取るという方法が最も有効です。駆除業者のホームページを見れば目安となる料金を記載していることが多いです。その料金を参考にして気になった業者を3つぐらい選び、実際に見積もりを取ってもらいましょう。そして見積もりで提示された料金の内訳は必ず聞くようにし、納得のいく内容と料金だった業者に実際に駆除や防除を依頼してください。

悪徳業者の特徴を知っておこう

駆除作業

このようにシロアリ駆除には明確な相場というものがなく、ある意味業者が自由に値段設定できる業界であると言えます。実際の相場があまり知られていないということもあり、中にはいろいろな理由をつけて法外な費用を請求してくる悪徳業者が存在するのは紛れもない事実です。誰しも悪徳業者には引っかかりたくはないでしょうから、悪徳業者に共通する特徴を知り、詐欺被害から自分の身を守りましょう。久徳業者に共通する特徴として飛び込み訪問があります。多くの悪徳業者はこちらが頼みもしないのに「サービスで床下点検を無料でおこないます」というような口実で家の中に入り、適当な理由をつけてシロアリが居るといって不安を煽ります。そして必要もないのに駆除や防除の契約を結ばせるという手段で法外な費用を支払わせようとしてくるのです。突然床下点検の訪問に来た業者は悪徳である可能性が大なので門前払いしましょう。また見積もりと実際の作業の差異がないかどうかのチェックも重要です。悪徳業者の場合見積もりで提示した内容には書かれていないような処置を勝手におこない、追加料金を請求する例が多々あります。健全な業者であれば追加の処置が必要な場合、必ず事前に確認してからおこなうため、勝手に追加の処置をした場合は悪徳業者だと判断して間違いありません。